ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


最高の一日をスタートさせるための『ホッ活』、もうやってる?


f:id:masahusa:20140928111253j:plain

「~活」という言葉が氾濫している今日このごろですが、皆さんはどんな「~活」をしてらっしゃいますか?
「朝活」「夜活」「昼活」「婚活」「就活」「終活」「トンカツ」などパッと思いつくだけでも様々な活動があり、どれかやってみようかと思うけどなかなか決められないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなあなたにオススメなのが『ホッ活』です。

ホッ活を実践することで、だるい体がたちまち目覚め、さわやかな1日のスタートを切れるだけにとどまらず、その勢いで日中の活動もスムーズに進むかもしれませんし、さらにそのまま夜の活動も非常に有意義なものになる可能性が否定出来ないような気がしないでもない…


『ホッ活』実践編

さて、そんなステキな『ホッ活』の実践方法ですが、やり方はじつに簡単!
まずはスーパーや魚屋などでホッケを買ってきます。
みりん干しや醤油干しになっているものですと自分で味付けをする手間が省けてよいでしょう。
味付けのものでない場合は焼く前にみりんとごま油を1:1の割合で混ぜたものをホッケ全体に塗っておくとよいでしょう。

グリルを予熱して、ホッケを投入します。
まずは身のほうを上にして入れてください。
f:id:masahusa:20140928105512j:plain
中火で8分前後焼いたら、こんな感じに。
f:id:masahusa:20140928110414j:plain
次に皮のほうを上に返します。
中火で3分ほど火を通してください。
f:id:masahusa:20140928110540j:plain
焼きあがったら、お箸などで皮や骨と身を分けます。
少々面倒ですが、なるべく小さい骨もこの時に取り除いておくことをおすすめします。
ナポレオンいわく、「お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ」ですからね。
f:id:masahusa:20140928113335j:plain
こちらは最近お気に入りの『料亭のだし』。
様々なお出しがブレンドされており、複雑で豊かなお味を手軽に実現できます。
少しお値段が高いのが難点です。
f:id:masahusa:20140928113723j:plain
ご飯の上にホッケのほぐし身を載せて…
f:id:masahusa:20140928114448j:plain
さらにきざみ海苔と『料亭の味』をふりかけて…
f:id:masahusa:20140928114915j:plain
最後に熱々のお湯を注ぎます。
f:id:masahusa:20140928115022j:plain

私は薄めの味付けが好みなのでこれだけですが、物足りないと感じる方は少しだけお醤油をまわしかけてもよいでしょう。
また、だしの素の類を振りかけずに、お湯を昆布茶などにしても間違いなく美味しくいただけるかと思います。

ここまで来たら残すところは実食のみ!
食べる前にお行儀よく「頂きます」と手を合わせておいしくいただきましょう。
どうしても小さな骨が身に残っていることがあるかと思いますので、あまりガツガツかき込まずに気持ちお上品にいただきましょう。
そうすることで骨が喉に刺さることを防げますし、振る舞いもエレガントなものとなり、朝から気位がアップすることまちがいなしです。
残さずキレイに頂いたら、最後にはまた「ごちそうさま」と手を合わせましょう。

するとどうでしょう!
全身にみなぎるこの満足感、幸福感ときたら!
あとは仕事をするも良し、趣味をするも良し、あなたのお好きな活動に精を出すのみです。
いかなる活動も満ち足りた感覚とともにあることでいつもとは別次元の有意義さを全てに感じられるのではないでしょうか?

あぁ…お腹いっぱいだ。
もう一回寝るとしますか。

こんなのもどうぞ。

ホッケは忘れた頃にやってくる - ゆめ見るディオスクロイ

広告を非表示にする