ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


【ホッ活第3弾】これでもうホットケーキの焼き具合には悩まない!


http://www.flickr.com/photos/67196253@N00/4609356970
photo by hans s

みなさん、ホッ活してますか?
本日は好評にお応えしてホッ活第3弾をおとどけしたいと思います。

ちなみに、これまでのホッ活をご存じない方はこちらも合わせてご覧いただけますと幸いです。


最高の一日をスタートさせるための『ホッ活』、もうやってる? - ゆめ見るディオスクロイ


【ホッ活第2弾】GACKTオススメのHOKUTOでNANTO驚きの味 - ゆめ見るディオスクロイ


今回はホットケーキでホッ活

ホットケーキというかパンケーキなんですけど、パンケーキって言っちゃうとホッ活にならないので、ホットケーキということにさせていただきます。
ところで、ホットケーキって焼くの難しくないですか?
私はあまり得意ではありません。

焦がしたりもしたけれど、私は元気です。

などと自分を励ましながらなかなかうまく焼きあがらない日々を過ごしておりましたが、そんな時に知ったのが『クリントン・ストリート・ベイキング』というパンケーキのお店でした。
そこのパンケーキの作り方は少し変わっていて、ちょこっとそのレシピを参考にさせていただくことで、私でもうまく焼きあがるようになったのです。


パンケーキ女子必見!表参道の『クリントン・ストリート・ベイキング』 - NAVER まとめ


作り方

まずは、牛乳と卵を混ぜます。
牛乳の量はパンケーキミックスのパッケージに書いている規定量よりちょっと少なめが良いかと思います。
その間にバターを電子レンジで溶かしておくのがポイントです。
f:id:masahusa:20140928193514j:plain

そこに溶かしバターとパンケーキミックスを混ぜます。
少し固めくらいがいいようです。
また、あまり丁寧に混ぜきらずざっくり混ぜるようにしたほうがうまく焼きあがります。
f:id:masahusa:20140928193649j:plain

フライパンにこれまたバターを落として熱します。
けっこう多めのイメージで。
f:id:masahusa:20140928193823j:plain

↑こんなふうになったら、ボタッと生地を落とします。
生地は固めなのでサラーっと落ちずにお玉に張り付く感じが理想的です。
f:id:masahusa:20140928194145j:plain

パンケーキを焼くときは「ごく弱火で」と書いているものが多いですが、この焼き方ですと弱火~中火くらいで表面を少しサクッと焼いていきます。
f:id:masahusa:20140928195153j:plain

上面が乾いてくる前にひっくり返します。
返した時にベチャっとなるくらいがよろしいかと。
f:id:masahusa:20140928195519j:plain

返したあとは1分~2分くらいでオッケーです。
お皿に移し、はちみつやメイプルシロップなどお好みのものをかけてお召し上がりください。

ちなみに、『クリントン・ストリート・ベイキング』さんでは、さらに溶かしバターとメイプルシロップを混ぜた特製シロップをかけるスタイルなのですが、焼くときにすでにバターを使っているので、自宅で作るときにははちみつのみをかけて食べるのがマイホッ活スタイルです。

生地が固めということもあって形は真円になりづらく、写真のように楕円形になりがちですが、サクッとした表面とフワッフワの中身が簡単に再現できる焼き方ですので、是非お試しください。

広告を非表示にする