ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


ニューカレドニアにおけるカフェオレの意義


私にとってバカンスといえばニューカレドニアです。

もう長らくいってませんが、あまりツーリスティックではなく、独特の地元感覚が面白い土地です。

当時の画像を探したのですが、見つからなかったので借り物で失礼します(´;ω;`)ウッ…

http://www.flickr.com/photos/31190896@N08/5780603683photo by eGuide Travel


ニューカレドニアの中心街ヌメアの港にはヨットがいっぱい。

けっこう沖に止めている方もいて、どうやってヨットまで行くんだろうとか思ってしまいます。

http://www.flickr.com/photos/87806373@N04/9005627916photo by Paul D'Ambra - Australia

ビーチ沿いでは地元の方がペタンクをやってます。

もうしょっちゅうやってます。

砲丸みたいな重そうな鉄球がドスン!と地面に当たる音があたりから聞こえてくるのです。

なんかかっこいい。

http://www.flickr.com/photos/31190896@N08/5781104878photo by eGuide Travel

街中を巡回する観光客向けのバス?と言っていいのかな、これ。

なんか恥ずかしいような気がして一度も乗ってません。

http://www.flickr.com/photos/8861756@N02/4083494907photo by SToto98

海はすごくきれいです。

ただ、初めてニューカレドニアに行ったのが8月で、完全にビーチリゾートな気分で行ったのですが、あちらは南半球なので夏と冬が逆転していることを全く考慮に入れておらず、爪先だけ海につけて即座に海水浴を諦めたのが今となってはいい思い出?です。

その時はわれながら計画性のなさにあきれてしまいました。

http://www.flickr.com/photos/8861756@N02/4083366990photo by SToto98

これはニューカレドニア本島ではなく、フェリーで40分ほどのところにあるアメデ島のアメデ灯台。

手軽なツアーをやっていたので、参加してみました。

島に到着するまでの航路でサメの餌付けショーなんかもあって、なんか海に入るのが怖くなります(いずれにせよ寒くて入らなかったけど)。

http://www.flickr.com/photos/8861756@N02/4083203634photo by SToto98

タクシーボート。

向こうに見えるカナール島まで送ってくれます。

所要時間10分弱。

とにかくめちゃくちゃ飛ばします。

最高速にのってるときなんかはかなり船体が立ちます。

スピードが苦手な方は要注意。

ちなみに空港からホテルまでのバスもめちゃくちゃ飛ばします。

このへんはさすがフランス領と思わすものがあります。

http://www.flickr.com/photos/31477768@N00/3779950757photo by MikeBlogs

ウィンドサーフィン。

ニューカレドニアはウィンドサーフィンがすごく盛んです。

海岸沿いにウィンドサーフィン置き場みたいなところがあって、みんなそこに置いてます(盗られないのかな)。

で、このウィンドサーファーたちもめちゃくちゃ飛ばします。

なんと上述のタクシーボートと併走してます。

さらに驚くことにカナール島まで行ってからくるっとセイルをまわしてそのまままた本島まで戻ってくるという遊びをひたすら繰り返しています。

こんなにスピード出るんだ~とびっくりしました。

正直、ニューカレドニアで一番驚いたことです。

http://www.flickr.com/photos/25509772@N00/8419210291photo by Eustaquio Santimano

体験レッスン的なこともやっています。

寒かったので私は遠慮しておきましたw

http://www.flickr.com/photos/28641029@N02/2712944540photo by guilhem22

世にも名高いニューカレドニアの朝市。

8角形の屋根が特徴的です。

我が家はここで朝食をとるのが慣わしとなっております。

メニューはいつもカフェオレとクロワッサン。

むかしはカフェオレボウルに入ってサーブされていたのですが、最近は普通のカップになっているようです。

クロワッサンは人気で到着が遅れると売り切れていることが多々あります。

そんなときは「ショコラ!」と言ってチョコレートの入ったパンを頼みます。

なぜならそれ以外はなんと言って注文すればいいのか分からないからです(´;ω;`)ウッ…

はっきり言って英語はほとんど通じません。

しかし、ロケーションのせいでしょうか、ここのカフェオレがすこぶる旨い!

なんというか、現地の方にとってお洒落でもなんでもない麦茶みたいなポジジョンであるという事実がとても気持ちいいです。

あと、ココティエ広場という市民の憩いの場があるのですが、そこの脇にあるパニーニ屋さんがこれまた旨い!

ただ、はさむものが自由に選べるのが困りもので、わたしは「ブラン!」と言って白ハムを挟んでもらいます。

これも先ほどと同様に他のものの発音がわからないから(´;ω;`)ウッ…(´;ω;`)ウッ…

http://www.flickr.com/photos/87806373@N04/9005629838photo by Paul D'Ambra - Australia

あともうひとつ。

海岸線を歩いていたときに、高校時代の友人とばったり出会いました。

新婚旅行でニューカレドニアに来ていたそうです。

家族が「だれ?」と聞くので(まあ当然か)「ああ、高校の友達」と何の気なく答えました。

その偶然の出会いに家族は驚いていましたが、私はなぜか驚きませんでした。

ほんとうに天国に一番近い島なのかもしれませんね。

このとき以降、ニューカレドニアには12月前後に行くようにしています。

ジェットスキーとか免許がなくても乗れるので楽しいですよ。


▼現地の雰囲気をステキに表現されています



▼こんな記事はいかがでしょうか

ホットケーキあるいはパンケーキ - masahusaの日記ホットケーキあるいはパンケーキ - masahusaの日記

私はホットケーキが好きです。おっきなホットケーキをふっくらと焼き上げて、バターをしっかりと塗り、そのうえにメープルシロップをたっぷりとお皿にあまるくらいにかけて...

未来を知るということ - masahusaの日記未来を知るということ - masahusaの日記

人は想像力を持った生き物です。その想像力はすばらしい未来や希望を作り出しもするし、それらを壊しもします。ときには、いやしばしば絶望を作り出しことさえあります。時...

ぼくもちいさな星なんだ - masahusaの日記ぼくもちいさな星なんだ - masahusaの日記

星空を見てると自分がちっぽけな存在に思えてくるなんていうせりふがありますが、実際そんなに星空を見上げる機会なんてあるもんじゃあありません。子供のころはよく星空を...


▼今日のひまつぶし
[動画あり]アコード!アコード!アコード!新型アコードは「超アコード」! - NAVER まとめ

東京行ったらここに行け!伝説のアミューズメント - NAVER まとめ

100階建て以上限定!世界の超高層ビル階数ランキング! - NAVER まとめ

広告を非表示にする