読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


おやつ好きお昼寝好き~でも南部鉄器はもっと好き!


http://www.flickr.com/photos/54327644@N04/7082018553
photo by Rmonty119


突然ですが私は南部鉄器が好きです。あの黒光りしたボディはまるで世界中の海を我が物顔で巡航する潜水艦のように精悍です。またそれを手にしたときのずっしりとした手応えはスニッカーズを頬張ったときのたしかな満足に相当します。また「アラレ」と呼ばれる表面の突起は中世ヨーロッパの甲冑のように無骨な美しさを湛えます。とまあひとしきり比喩を愉しんだところで特に得るものはないのですがともかく私は南部鉄器というかそのなかでも鉄瓶がとても好きです。鉄瓶といえばだいたい今回の記事のトップ画像のようなものなのですがその概要をまとめたものをご紹介しておきます。

▼何かと重宝するミニサイズ。職場のデスクの上に箱ごとおくと人格を疑われること請け合いです。

鉄瓶の説明や手入れの仕方についてまとめます。随時更新予定です。一日一杯の白湯は健康維持に効果的です。


今日からあなたも鉄瓶デビュー - NAVER まとめ今日からあなたも鉄瓶デビュー - NAVER まとめ

とまあこのように見るからに歴史ある南部鉄器ですがその魅力は歴史とヴィジュアルだけじゃありません。

▼最近はIH調理器に対応した鉄瓶もあります(私のはダメですが)。


魅力その①水が美味しくなる
これはマジであります。日本は水道水でも十分に美味しいといわれる国ですが鉄瓶で沸かした白湯を飲んだ日にゃああなたもう下手なミネラルウォーターなんて飲めなくなりますよ。ちなみに私はコーヒーを入れるお湯は必ず鉄瓶で沸かします。

魅力その②鉄分補給
鉄分が不足すると貧血や冷え性などさまざまな症状が現れることは知られていますがその鉄分補給にも鉄瓶の使用が有効とされています。しかも鉄瓶から溶出する鉄分は2価鉄とよばれる体内に吸収されやすいものでいいことずくめだとか。

魅力その③お湯を沸かすこと自体が楽しい
もともとコーヒーはかなりの量を飲む私ですが鉄瓶を手に入れてからというものさらにその量は増加しました。美味しいというのもあるんですが鉄瓶はお湯を沸かした後に残り湯を残しておくといけないのでそれを湯飲みに全て出します。すると濡れていた鉄瓶の内部がすごいスピードで乾いていくんです。それがどうしたのといわれちゃいそうですがいやほんと一度やってみてください。ホント楽しいからこれ。私は毎日鉄瓶でお湯を沸かしてますが今日も飽きずにその様を眺めております。

魅力その④経年変化が見ごたえあり
一時ヴィンテージジーンズに狂気のような金額をはたくのが流行していましたが使い込まれてその足跡が刻み込まれたアイテムが魅力的であることもまた事実です。そんなあなたにも鉄瓶は十分すぎるほどの満足を提供してくれることでしょう(英文直訳風)。外部には時とともに独特の艶感が生まれ内部にはお湯を沸かした回数にともない皮膜が付着していきます。その皮膜が鉄瓶のお湯を旨くする機能をますます加速させるというのですからこりゃもう沸かすっきゃないでしょう。

ご注意
鉄瓶を購入しようと考えている方は鉄急須と間違えないようにご注意ください。鉄急須は火にかけてお湯を沸かすことは出来ませんので。

▼なつかしの66モデル。やっぱレプリカでしょう。太すぎないのでとっつきやすい。

▼今日のひまつぶし
Chromeで保存したパスワードは丸見えらしいけどIEは大丈夫なの? - NAVER まとめ

これで解決!カバンに入れておくと生活が変わるもの - NAVER まとめ

ブログ管理人必見!有名プロブロガーに学ぶ知恵 - NAVER まとめ

広告を非表示にする