ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


12歳の頃のような…


http://www.flickr.com/photos/24176761@N00/351270312
photo by alasam



 友人というものについて考えたときに思い出す台詞がある。「12歳のときのような友達はもう二度と出来ない…もう二度と…。」というものだ。ご存知の方も多いと思うが映画"Stand by Me"に出てくる台詞だ。芸術の秋なんで感傷的な内容でね。もちろん友人がいつ出来ても不思議ではないという前提を踏まえたうえであえて言わせてもらうとこの台詞にはある程度の真実が含まれているのではなかろうか。
 人と人が互いに友人となるときというものは明確に認識できる類のものではない。恋人同士となると一般的に「付き合ってください!」と告白したときが恋人になったときということができようが(それも常に明確とはいえず私たち付き合ってるんだよね的な空気感もありますよね)友人となると「友達になってください!」と告白するわけでもなかろうし(あるいはする人もいるのかもしれませんが)じゃあいつからとなるとその不確定さときたら素粒子の存在する位置の如しである。まあそもそも友達同士でいつから友達かなんて語り合うこと自体が気持ち悪くはあるのだが。

f:id:masahusa:20131102221849j:plain
photo by Alan Light

 かようにその始まりが極めて曖昧である友達という関係であるが小学校のときからとか中学から程度の特定は可能である。電子が原子核の周囲のこれくらいのゾーンにあるんじゃないのってのと同じように。どの時期に出来た友達がよいとか悪いとか言うつもりは全くないが上述のように「12歳のとき」あたりに出来た友達にはやはり特別なものがあるような気がする(あくまで感傷的かつ個人的な意見です。繰り返しになりますが芸術の秋だもの)。12歳から15歳あたりのアドレナリンが無用に分泌されてあらゆるガラクタが輝いて見えるときの出会いっていうのはやっぱりガラクタなのかもしれないけどガラクタって分かった後も大事なんだよね。大事にする人間でありたいんだよね。




Stand By Me (trailer) - YouTube







▼こんな記事も

国立競技場と新国立競技場に連続性は存在するか - masahusaの日記

ギネス世界記録2014とコカコーラあるいはコーク - masahusaの日記

ポストイットと忘れ去ったようで案外覚えてるなにか - masahusaの日記

▼今日のひまつぶし

心に響く『11の言葉 from movies』 - NAVER まとめ

【PC周辺機器】インテリアにもなりマウス。ライトユーザーにこそおススメ! - NAVER まとめ

タイムスクープハンター連動企画!安土城で要潤を探せ! - NAVER まとめ

広告を非表示にする