ゆめ見るディオスクロイ

メビウスの輪を旅するアドヴェントカレンダー

スポンサードリンク


翻訳するということ


次元を超える

 原作が英語などの日本語以外の言語で書かれた作品を読むときに最も気にかかるのはもちろんその翻訳のクオリティーです。翻訳者は横たわった原文をぐいっと立てて日本語にしていくのですから、そのパワーとテクニックはある意味で読者に原作者が意図した以上の(ときには以下の)インパクトを与える可能性があるのです。

 したがって私は翻訳という作業を創造的なものとして高く評価します。

 アニメを実写化する話を聞くとそんなことを思い起こすのです▼

【速報】実写版「魔女の宅急便」のキャストがその姿を披露しました【広田亮平】 - NAVER まとめ

だれ?

広告を非表示にする